Google Help Heroes by Jetstream

Google サービスの Help & Tips

メニュー

Android 7.0 で実装された UI サイズを変更できる “表示サイズ” を解説


今回は、Android 7.0 で実装された UI サイズを変更できる “表示サイズ” を解説させていただきます。

Android ではこれまで表示する文字のサイズを変更できる “フォントサイズ” がディスプレイ設定に搭載されていたのですが、Android 7.0 Nougat では新たに、フォント以外の UI サイズも変更できる “表示サイズ” 変更機能が実装されました。つまり Android 7.0 では “フォントサイズ” と “表示サイズ” の両方を変更することで、よりユーザーにあった表示にカスタマイズできるようになったということです。

“表示サイズ” の変更

Android の “表示サイズ” の変更項目は、Android の設定から “ディスプレイ” をタッチすることで表示されます。

“表示サイズ” の変更は 5 段階で行うことができます。スライダー部分をタッチして変更することでそれに合わせてプレビューも表示されるので、自分に合った大きさを選択してみてください。

ちなみに最初に “フォントサイズ” を変更してから次に “表示サイズ” を変更することで、より好みの表示に合わせやすくなるかと思います。

“表示サイズ” を変更するとホーム画面に配置できるショートカットやウィジェットの数も変更されます。ホーム画面にウィジェットなどを配置している状態で “表示サイズ” を変更すると強制的に配置も変更されるため、先に “表示サイズ” を変更してからホーム画面をカスタマイズする方が賢明です。参考にしてみてください。

動画解説

以上、Android 7.0 で実装された UI サイズを変更できる “表示サイズ” の解説でした。


関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly

ページ上部へ戻る