Google Help Heroes by Jetstream

Google サービスの Help & Tips

メニュー

【ウェブ会議室 Spaces 活用 Tips:その⑤】スマートフォンアプリで利用できる “ビルトイン画像検索” を解説


今回は、Google のウェブ会議室サービス「Spaces」を活用するための【Tips:その⑤】スマートフォンアプリで利用できる “ビルトイン画像検索” を解説させていただきます。

スマートフォン用「Spaces」アプリには 2016 年 8 月のアップデートで、“Space” のコメント投稿時に、アプリ内でインターネット上から画像を検索して引用投稿ができる “ビルトイン画像検索” が新たに追加されました。

これまではスマートフォン本体か「Google フォト」に保存してある画像を貼り付けるか、別途ブラウザなどで画像を検索して URL をコピーし、貼り付けて投稿する方法しかなかったので、“ビルトイン画像検索” が実装されたことにより、画像の共有がこれまでよりも簡単になりました。

“ビルトイン画像検索” を利用する方法

スマートフォン用「Spaces」アプリの “Space” で “ビルトイン画像検索” を利用する方法は、Android、iPhone 共に同じです。コメント投稿画面で画像検索アイコンをタッチして、表示される検索バーに検索する画像のキーワードを入力し、検索結果から画像を選択してタッチするだけです。

Spaces

貼り付けられた画像は画像ファイルとしてではなく、URL のプレビューとして貼り付けられます。画像をタッチすると引用元のサイト URL が表示され、URL をタッチするとそのサイトが開きます。

またスマートフォン用「Spaces」アプリにはこのほかに、アプリからカメラを起動して写真を撮影し、そのまま貼り付け投稿できる機能も同時に追加されています。こちらは Android と iPhone では若干仕様が異なり、Android ではカメラアイコンタッチでカメラが起動、iPhone では画像アイコンをタッチして表示されるカメラアイコンをタッチすることでカメラが起動します。

Spaces-A

Spaces-I

スマートフォン用「Spaces」アプリではこれまでより更に画像の貼り付けが簡単になったので、文字で説明しづらい場合や、サイトの画像をダイレクトに共有する際などに活用してみてください。

動画解説

以上、Google のウェブ会議室サービス「Spaces」を活用するための【Tips:その⑤】スマートフォンアプリで利用できる “ビルトイン画像検索” についての解説でした。


関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly

ページ上部へ戻る