「YouTube」アプリに追加された“自動再生”機能について解説(Android・iPhone共通)

「YouTube」アプリに追加された“自動再生”機能について解説(Android・iPhone共通)

今回は、Android と iPhone の「YouTube」アプリに追加された “自動再生” 機能について解説させていただきます。

“自動再生” 機能

「YouTube」の “自動再生” はこれまで、デスクトップか、スマートフォン用「YouTube」アプリの再生リストでしか利用することができなかったのですが、2016 年 4 月の末のアプリアップデートにおいて、再生リスト以外の “自動再生” 機能が追加されました。

この “自動再生” 機能を ON にしておくと、現在再生している動画と関連のある動画が、次に自動で再生されます。

いちいち次の動画を探して再生操作をする必要がない、という利点があるわけです。

“自動再生” 機能の オン / オフ

「YouTube」アプリの “自動再生” 機能の オン / オフ は、動画を再生している画面から簡単に切り替えることができます。

このほか、“設定” から オン / オフ を切り替えることも可能です。

 

設定 → 全般
設定 → 全般

ちなみに「YouTube」アプリの “自動再生” 機能はアプリ v11.15 以降で利用できるようになっていますが、Android の場合は対応していない機種もありますのでご注意ください。

また、動画再生は通信量を特に多く消費するため、Wi-Fi 環境下で利用することを強くオススメいたします。

まとめ

「YouTube」の “自動再生” は例えば公式で公開されている音楽クリップなどを連続再生して BGM 代わりにするなど、いろいろな応用ができます。

逆に “自動再生” を OFF にしたい場合も簡単に設定できるので、是非参考にしてみてください。

以上、Android と iPhone の「YouTube」アプリに追加された “自動再生” 機能についての解説でした。

関連する記事