AndroidでWi-Fi強度が弱いときにモバイルデータに自動で切替える設定

AndroidでWi-Fi強度が弱いときにモバイルデータに自動で切替える設定

今回は、Android で Wi-Fi 強度が弱いときにモバイルデータに自動で切替える設定をご紹介させていただきます。

Android では基本的に Wi-Fi に接続しているときはモバイルデータ通信は行われない状態となっているのですが、実は Wi-Fi の強度が弱いときにモバイルデータ通信に自動で切り替える設定を行うことができます。

ただしもちろんこの設定はモバイルデータ通信に対応している Android でのみ行うことができる設定です。また機種によってはこの設定を行うことができない場合もあるのでご了承ください。

Wi-Fi強度が弱いときにモバイルデータに自動で切替える設定

Android で Wi-Fi 強度が弱いときにモバイルデータ通信に自動で切替える設定は、まず “開発者向けオプション” を表示させておく必要があります。また “開発者向けオプション” のスイッチも オン の状態にしておいてください。

“開発者向けオプション”にアクセスできる状態で Android の設定を開き、“開発者向けオプション” をタッチします。

“開発者向けオプション” ページを下に移動して “ネットワーク” カテゴリまで移動し “Wi-Fi を強制的にモバイル接続に切り替える” のスイッチを オン にします。これだけで完了です。

今回ご紹介させていただいた Wi-Fi 強度が弱いときにモバイルデータ通信に自動で切替える設定はモバイルデータ通信をいつもより多く使用するので、通信料の少ない契約をしている場合はすぐに上限に達してしまう可能性もあります。

そのため設定を行う場合は十分に注意してください。

以上、Android で Wi-Fi 強度が弱いときにモバイルデータに自動で切替える設定のご紹介でした。

関連する記事