Android版「Google Allo」アプリに追加された“チャットのバックアップ”機能を解説

Android版「Google Allo」アプリに追加された“チャットのバックアップ”機能を解説

今回は、Android 版「Google Allo」アプリに追加された “チャットのバックアップ” 機能を解説させていただきます。

Android 版「Google Allo」アプリは 2017 年 4 月末のアップデートで、“チャットのバックアップ” 機能が新たに追加されました。この機能は読んで字のごとくチャットの履歴をバックアップする機能で、例えば「Google Allo」を一旦アンインストールして再度インストールしたときに、チャット履歴をバックアップデータから復元することができるようになります。

また “チャットのバックアップ” 機能でバックアップする場所は Android 本体のローカル領域だけでなく「Google ドライブ」を指定することもできるので、Android を初期化したり機種変更したときにもバックアップデータからチャット履歴を復元することができます。

“チャットのバックアップ”

Android 版「Google Allo」アプリの “チャットのバックアップ” 機能は「Google Allo」を起動してメニューから “設定” をタッチすると設定メニューとして出てくるのでそれをタッチします。

“チャットのバックアップ” ではでデフォルトでローカル領域にバックアップする “端末のバックアップ” が オン になっています。バックアップ先は SD 直下の “Allo” フォルダです。

「Google ドライブ」にバックアップする場合は “Google ドライブにバックアップ” にチェックを入れます。また「Google ドライブ」のバックアップでは “頻度” “Wi-Fi のみ” “メディア” の各設定を行うことが可能です。

特に “メディア” ではデフォルトで “動画” と “ファイル” にチェックが入っていないため、チャット履歴をフルでバックアップする場合は全てにチェックを入れておいた方が良いでしょう。

このほか “頻度” の設定に関わらず、“今すぐバックアップ” ボタンを押すことでその時点のチャット履歴をバックアップすることができます。ちなみに “チャットのバックアップ” 設定ページ右上のメニューアイコンからバックアップデータの削除を行うことも可能です。

「Google Allo」の “チャットのバックアップ” は今のところ Android のみで利用できる機能です。そのためチャットの復元も Android 間でのみ行うことができ、iOS では行うことができないのでご注意ください。

以上、Android 版「Google Allo」アプリに追加された “チャットのバックアップ” 機能の解説でした。

関連する記事