「Google ストリートビュー」に取り込んだ360°写真に位置情報を設定する方法

「Google ストリートビュー」に取り込んだ360°写真に位置情報を設定する方法

今回は、「Google ストリートビュー」に取り込んだ 360° 写真に位置情報を設定する方法をご紹介させていただきます。

「Google ストリートビュー」に取り込んだ 360° 写真を公開する場合、位置情報を設定したり部分的に “ぼかし” を入れる必要があります。

位置情報については元々カメラの設定で位置情報タグを挿入する仕様にしている場合は「Google ストリートビュー」がその位置情報タグを読み取り、自動で位置情報が設定されるようになっているので、位置情報タグの挿入を設定していなかったり位置情報が間違っている場合に、スマートフォン版「Google ストリートビュー」アプリで設定します。

位置情報を設定する方法

位置情報を設定する方法は、「Google ストリートビュー」アプリを起動して “非公開” にストックされている 360° 写真から位置情報を設定する 360° 写真をタッチします。もし複数の 360° 写真に同じ位置情報を設定する場合は、“選択” をタッチして複数の写真をタッチして選択します。

メニューアイコンをタッチして “マップのリスティングを選択” をタッチし、候補一覧や検索をして表示されるスポットの中から該当するスポットをタッチします。これでまず 360° 写真に選択したスポットの位置情報が付与されます。

改めてメニューアイコンをタッチして “場所を編集” をタッチすると、マップ上にピンが表示されるので、ピンをドラッグ & ドロップで移動させることで更に詳しい場所編集を行うことができます。この “場所を編集” は写真 1 枚ごとの編集となります。編集を行ったら右上のチェックマークをタッチして保存します。

これで「Google ストリートビュー」に取り込んだ 360° 写真に詳細な位置情報が設定されます。もし 360° 写真に人物や車のナンバーなどが映りこんでいない場合はこの状態で公開しても問題ありません。しかしもしそれらが映ってしまっている場合は “ぼかし” を入れる必要があります。

“ぼかし” については次の機会にご紹介させていただきます。

以上、「Google ストリートビュー」に取り込んだ 360° 写真に位置情報を設定する方法のご紹介でした。

関連する記事