Google Help Heroes by Jetstream

Google サービスの Help & Tips

メニュー

「Google 認証システム」アプリを利用して「Twitter」の“ログイン認証”を設定する方法

今回は、「Google 認証システム」アプリを利用して「Twitter」の “ログイン認証” を設定する方法をご紹介させていただきます。

「Twitter」には 2 段階認証機能の “ログイン認証” が実装されていて、メイン機能として登録した電話番号に SMS でログインコードが送信する方式のセキュリティ設定を利用することができるようになっています。更に「Twitter」では「Google 認証システム」アプリを利用した “ログイン認証” を利用することも可能です。

「Google 認証システム」アプリを利用した “ログイン認証” はログインコードが送られてくるわけではなく、ログインコードを「Google 認証システム」アプリにこちらから見に行く流れとなるので、SMS 通知とは違って他人に気づかれる心配がなく、手軽に利用できるのでオススメです。

「Twitter」の “ログイン認証”

「Twitter」で「Google 認証システム」アプリを利用した “ログイン認証” を設定する前に、事前に「Twitter」の “ログインリクエストを認証” を設定しておくことと、スマートフォンに「Google 認証システム」アプリをインストールしておいてください。

実際に「Twitter」で「Google 認証システム」アプリを利用した “ログイン認証” を設定する方法は、ウェブブラウザで「Twitter」を表示し、“プロフィールと設定” から “プライバシーと設定” をクリックします。

表示された “ユーザー情報” ページの “セキュリティ” カテゴリにある “コード表示アプリを設定” をクリックします。

あとは表示された QR コードを「Google 認証システム」アプリで読み取り、「Google 認証システム」アプリに表示された 6 桁のワンタイムパスワードを「Twitter」の “セキュリティーコード” 部分に入力して “完了” をクリックすればおしまいです。これで「Google 認証システム」アプリを利用した「Twitter」の “ログイン認証” 設定が完了します。

以降「Twitter」にログインする際に ID とパスワードの他に、「Google 認証システム」アプリに表示される 6 桁のワンタイムパスワードが必要となり、簡単にアカウントを乗っ取られる心配がなくなります。

「Twitter」に住所やクレジットカード情報を登録している方は特にセキュリティには気を配る必要があり、“ログイン認証” を行っておくことは必須といえます。アカウントを乗っ取られてしまってからでは遅いので、是非今回の内容を参考にして “ログイン認証” を設定しておいてください。

以上、「Google 認証システム」アプリを利用して「Twitter」の “ログイン認証” を設定する方法のご紹介でした。

スポンサーリンク

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly
ページ上部へ戻る