「Google 認証システム」アプリを利用して Google の“2 段階認証プロセス”を設定する方法

「Google 認証システム」アプリを利用して Google の“2 段階認証プロセス”を設定する方法

今回は、「Google 認証システム」アプリを利用して Google の “2 段階認証プロセス” を設定する方法をご紹介させていただきます。

Google はアカウントログイン時に行う “2 段階認証プロセス” の予備手順用として、Android と iOS 用に「Google 認証システム」アプリを各ストアで配信しています。この「Google 認証システム」アプリはスマートフォンにインストールして簡単に利用することが可能です。

「Google 認証システム」アプリ

今回はベーシックな Google の “2 段階認証プロセス” 用として設定する方法のご紹介です。この設定を進めることで、Google アカウントにログインする際の “2 段階認証プロセス” で、スマートフォンに送られてくる確認コードではなくインストールした「Google 認証システム」アプリに表示されるワンタイムパスワードを利用して、“2 段階認証プロセス” を利用したセキュアなログインを行うことができるようになります。

まず “2 段階認証プロセス” は事前に オン に設定しておいてください。

次に Android か iOS 版の「Google 認証システム」アプリをインストールします。

アプリをインストールしたらデスクトップブラウザなどで Google の “アカウント情報” ページから “2 段階認証プロセス” ページを開き、“認証システム アプリ” の項目で “設定” をクリックします。

“お使いのスマートフォンの種類” で Android か iPhone を選択して進むと QR コードが表示されるので、スマートフォンの「Google 認証システム」アプリを起動し、“バーコードをスキャン” をタッチしてスマートフォンのカメラでデスクトップブラウザに表示される QR コードを読み取ります。

すると「Google 認証システム」アプリ上に 6 桁のワンタイムパスワードが表示されるので、そのワンタイムパスワードをデスクトップブラウザに入力します。これで事前設定は完了です。ちなみにこのワンタイムパスワードは定期的に自動で更新されるようになっています。

あとは “2 段階認証プロセス” が必要な Google アカウントでのログイン時に “別の方法でログインする” を選択し、“Google 認証システム” から、「Google 認証システム」アプリに表示される 6 桁のワンタイムパスワードを入力します。これで「Google 認証システム」での “2 段階認証プロセス” を利用したセキュアなログインを行うことができます。

「Google 認証システム」アプリを利用した “2 段階認証プロセス” でのログインは、実は Google 以外でも、Twitter や Mstdn などの「Google 認証システム」アプリに対応しているサードパティーサービスでも応用することが可能です。そのため覚えておくと様々なサービスで簡単にセキュアな “2 段階認証” を設定することができ、アカウント乗っ取りなどを防止することができます。

「Google 認証システム」アプリを利用したサードパティーサービスでの “2 段階認証” 設定は、改めて別の機会にご紹介させていただきます。

以上、「Google 認証システム」アプリを利用して Google の “2 段階認証プロセス” を設定する方法のご紹介でした。

関連する記事