駐車場所をマップにピン止めしておくことができるAndroid版「Google マップ」の“駐車場の場所を保存”の使い方

駐車場所をマップにピン止めしておくことができるAndroid版「Google マップ」の“駐車場の場所を保存”の使い方

今回は、駐車場所をマップにピン止めしておくことができる Android 版「Google マップ」の “駐車場の場所を保存” の使い方を解説させていただきます。

Android 版「Google マップ」では車を停めた場所をマップにピン止めすることができる便利機能 “駐車場の場所を保存” を利用することができます。これを利用することで広い駐車場でもどこにマイカーを停めたのかをいちいち覚えておかなくても簡単にマイカーを探すことができます。

“駐車場の場所を保存” の使い方

Android 版「Google マップ」の “駐車場の場所を保存” の使い方は、車を停めたら「Google マップ」アプリを起動し、現在自分がいるマイカーを停めた場所を示すマップ上の青いアイコンをタッチします。この時に念のため GPS の精度を確認し、正しく現在地を示しているかを確認するようにしておいた方が良いでしょう。

そして出てくるメニューから “駐車場の場所を保存” をタッチします。

するとすぐにマップ上に “P” マークが打たれます。また保存した駐車場の場所データにはメモを残したり、写真を撮って添付しておくこともできます。このほかに残り時間も設定できるので、コインパーキングなどに停めている場合は停める時間を逆算して設定しておくと便利です。

保存した駐車場の場所は個人用のスポットとして利用できるので、停めたマイカーを探す場合に “P” マークをタッチしてナビゲーションを起動すれば簡単にマイカーまでたどり着くことができます。

「Google Now」でも車を停めた大まかな場所を自動記録してくれる機能が実装されていますが、Android 版「Google マップ」の “駐車場の場所を保存” 機能はそれよりも正確な場所をメモしておくことができるのでかなり便利です。大型のショッピングセンターや夏フェスなどの臨時駐車場などに車を停める場合は是非 Android 版「Google マップ」の “駐車場の場所を保存” 機能を活用してみてください。

以上、駐車場所をマップにピン止めしておくことができる Android 版「Google マップ」の “駐車場の場所を保存” の使い方の解説でした。

関連する記事