iPhone 用 「Motion Stills」アプリで非表示にしたクリップ(ライブフォト動画)を再表示する方法

iPhone 用 「Motion Stills」アプリで非表示にしたクリップ(ライブフォト動画)を再表示する方法

今回は、iPhone 用 「Motion Stills」アプリで非表示にしたクリップ(ライブフォト動画)を再表示する方法をご紹介させていただきます。

「Motion Stills」アプリは iPhone のライブフォト撮影で撮った動画がクリップとして自動で表示されるようになっていますが、動画一覧でクリップを左へスワイプすることで非表示にすることができるようになっています。

ちなみにこの機能はあくまでも「Motion Stills」内で非表示になるだけで、カメラロールから削除されるわけではありません。

そしていったん非表示にしたクリップは設定から再表示することができるようになっています。ただし個別に再表示できるわけではなく、非表示にしたクリップが一括して行われます。

非常時にしたクリップを再表示する方法

非常時にしたクリップを再表示する方法は、「Motion Stills」アプリの上部へと移動して設定アイコンを表示し、設定を開きます。

設定ページの中にある “すべてのクリップを再表示” をタッチして進みます。これで非表示にしたクリップが改めて表示されます。

ただし注意点として、「Motion Stills」に表示されるクリップを全て非表示にしてしまった場合は設定すら開けなくなってしまいます。その場合は何かしらのライブフォト撮影を行ってクリップを一覧画面に表示させることで設定を開くことができるようになります。

非常時にしたクリップを再表示する方法は誤って非表示にしてしまったときなどに役立ちます。ちなみに完全に不要なライブフォト動画はカメラロールから削除することで、再表示の操作を行っても表示されなくなります。

以上、iPhone 用 「Motion Stills」アプリで非表示にしたクリップ(ライブフォト動画)を再表示する方法のご紹介でした。

関連する記事