Google Help Heroes by Jetstream

Google サービスの Help & Tips

メニュー

デスクトップ 版「Chrome」で通知の許可をしたサイトを確認したり削除する方法

今回は、デスクトップ 版「Chrome」で通知の許可をしたサイトを確認したり削除する方法をご紹介させていただきます。

サイトの通知は、そのウェブサイトに更新情報があった際に通知をしてくれる機能で、デスクトップ 版「Chrome」でももちろん利用することができます。またサイトの通知はアカウント間で同期されず、その機器にインストールしている「Chrome」ごとに設定される機能となる点も特徴です。

つまり例えば Android 版「Chrome」アプリであるウェブサイトの通知を許可しても、同じアカウントでログインしているデスクトップ版「Chrome」にその許可が同期されるわけではなく、あくまでも Android 版「Chrome」アプリに対してのみ更新情報の通知が送信されます。またその逆も同じです。

通知の許可をしたサイトを確認したり削除する方法

デスクトップ 版「Chrome」でサイトの通知を許可した場合は、デスクトップ 版「Chrome」の設定で確認することができます。ただ Android 版「Chrome」アプリとは違い、格納されている場所が若干複雑です。

まず「Chrome」ブラウザを開き、ページ右上のメニューアイコンをクリックして “設定” をクリックします。

設定ページを下にスクロールして、“詳細設定を表示…” をクリックします。

“プライバシー” セクションの中にある “コンテンツの設定…” をクリックします。

表示されたコンテンツの設定ウィンドウを下にスクロールして “通知” セクションまで移動し、“例外の管理…” をクリックします。

ここに表示されるウェブサイトの URL が通知の許可を行ったサイトです。通知の許可を削除する場合は “許可” の隣に表示される “×” アイコンをクリックするか、“許可” 部分をクリックして “ブロック” を選択します。“ブロック” を選択した場合は通知をブロックした状態で “例外の管理…” ページに格納されたままとなるため、改めて許可を行う際に便利です。

設定を行ったら “完了” をクリックします。

デスクトップ 版「Chrome」で通知の許可を行ったサイトを確認する方法は少し複雑です。またほかの設定部分をいじってしまうと自動で通知の許可が行われてしまう場合などもあり危険です。そのためどこにどんな設定が格納されているのかを確認しつつ、通知の許可を行ったサイトの確認も行ってみてください。

以上、デスクトップ 版「Chrome」で通知の許可をしたサイトを確認したり削除する方法のご紹介でした。

関連記事

コメントをお待ちしております

Google 製品・サービス

follow us in feedly
ページ上部へ戻る