1台のAndroidに複数のユーザーを登録できる“マルチユーザー”機能を解説

1台のAndroidに複数のユーザーを登録できる“マルチユーザー”機能を解説

今回は、1 台の Android に複数のユーザーを登録できる “マルチユーザー” 機能を解説させていただきます。

“マルチユーザー”

“マルチユーザー” は Android にメインユーザーのほか、スマートフォンでは最大 4 人、タブレットでは最大 8 人の別のユーザーを登録できる機能です。

Android スマートフォンでは Android 5.0 以降、Android タブレットでは Android 4.4.4 以降で、1 台の Android に複数のユーザーを登録してそれぞれのユーザーごとに切り替えて個別に利用することができるようになります。

例えば 1 台の Android を家族で切り替えて利用したり、職場やサークルなどのチーム内で切り替えて利用するなど、様々な活用方法があります。

また登録したユーザーごとに画面ロックや指紋認証の「Nexus(Pixel)Imprint」を登録することはもちろん、内部データも個別の領域に保存され、別のユーザーのデータを見ることもできなくなっているので、プライバシーは守られた状態で Android を共有することができます。

このほか、“ゲスト” 機能とは異なり、登録したユーザーが Wi-Fi 設定を変更することもできます。

ただしメインユーザー以外はモバイルネットワーク設定を変更することはできません。

“マルチユーザー” 機能でユーザーを登録する

“マルチユーザー” 機能でユーザーを登録する方法は、“ゲスト” を登録する流れとほぼ同じです。まず Android の通知領域をスワイプなどで開き、人物アイコンをタッチします。

次に “ユーザーを追加” をタッチして進みます。

“マルチユーザー” のユーザーを登録する場合は “ゲスト” とは異なり、Google アカウントの登録が求められます。

ただしアカウント登録はスキップすることも可能です。

Google アカウントを登録した場合は通常の Android のように「Gmail」を使ったり、Google Play からアプリをインストールしたりできるようになります。

ちなみに “マルチユーザー” で登録したユーザーに切り替えても初期状態では音声通話と SMS は許可されていまん。

許可する場合は “ゲスト” の音声通話を許可する要領で、メインユーザーの設定から行います。

まとめ

Android の “マルチユーザー” 機能はプライベートと仕事でアカウントを切り替える場合などにも活用できる便利な機能です。是非参考にしてみてください。

以上、1 台の Android に複数のユーザーを登録できる “マルチユーザー” 機能についての解説でした。