Google Help Heroes by Jetstream

Google サービスの Help & Tips

メニュー

「Android Pay」と「おサイフケータイ」の併用は可能?

明けましておめでとうございます。本年も当サイト「Google Help Heroes by Jetstream」をどうぞよろしくお願いいたします。

さて今回は、「Android Pay」と「おサイフケータイ」の併用について解説させていただきます。

日本においても “Felica” を搭載した Android 4.4 以降の機種で利用可能となった「Android Pay」ですが、そもそも “Felica” 搭載機種のほとんどがガラケー時代から普及してきた「おサイフケータイ」を搭載しています。そのため「Android Pay」は国内において、「おサイフケータイ」に割って入った形となったわけです。

そこで浮上するのが、「Android Pay」と「おサイフケータイ」の併用が可能なのか、という疑問かと思われます。

併用可能

結論から申し上げますと、「Android Pay」と「おサイフケータイ」は特に特殊な設定なども不要で併用可能です。

2016 年 12 月末時点で、「Android Pay」は「楽天 Edy」の電子マネー決済に対応していて、「おサイフケータイ」は以前より「楽天 Edy」のほかに「Suica」や「nanaco」「WAON」「iD」などといった様々なモバイル決済に対応しています。そして「Android Pay」と「おサイフケータイ」は共に “かざす” だけで決済を行うことが可能なサービスとなっています。

実際にモバイル決済を行う場合は事前にどのサービスで決済を行うか申告(もしくはボタンで選択)することとなるのですが、このときに決済端末が申告したモバイル決済に合わせた待ち受け状態となります。そこに Android を “かざす” と、申告したモバイル決済が自動で選択され、決済が行われます。

つまり「Android Pay」か「おサイフケータイ」かではなく、どのモバイル決済を利用するかがポイントとなり、あくまでもそれらのモバイル決済を管理するサービスが「Android Pay」か「おサイフケータイ」か、というだけの違いとなります。そのため決済の申告と “かざす” 動作のみで、「Android Pay」と「おサイフケータイ」の併用が可能というわけです。

ちなみに「Android Pay」と「おサイフケータイ」の両方がサポートしている「楽天 Edy」については、同じ “Edy カード” が「Android Pay」と「おサイフケータイ」で共有管理される仕様となります。

少々ややこしい内容となってしまいましたが、要は「Android Pay」と「おサイフケータイ」は、何も気にすることなく併用が可能ということです。逆に言うと、元々「おサイフケータイ」がサポートしている「楽天 Edy」にのみしか今現在対応していない「Android Pay」を利用するメリットは薄いですが、今後のモバイル決済サービスの拡大によって、「Android Pay」の存在価値が上がってくるかと思われます。

動画解説

以上、「Android Pay」と「おサイフケータイ」の併用についての解説でした。

関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly
ページ上部へ戻る