iPhone(iOS)のデータを Google のクラウドに保存できる「Google ドライブ」の “バックアップ” 機能をご紹介


今回は、iPhone(iOS)のデータを Google のクラウドに保存できる「Google ドライブ」の “バックアップ” 機能をご紹介させていただきます。

iOS 版「Google ドライブ」アプリには、iPhone などの iOS 機種に保存してある “連絡先” “カレンダーの予定” “写真と動画” を Google のクラウドに保存できる “バックアップ” 機能が実装されています。この “バックアップ” は特に、iPhone から Android に乗り換える場合に便利な機能です。

「Google ドライブ」アプリの “バックアップ” 機能

iOS 版「Google ドライブ」アプリの “バックアップ” 機能は “設定” に格納されています。まず「Google ドライブ」アプリのメニューアイコンから “設定” を開き、表示された項目の中から “バックアップ” をタッチします。

保存できるデータは iOS に保存してある “連絡先” “カレンダーの予定” “写真と動画” の 3 項目です。“バックアップ” を行うことで、“連絡先” は “Google コンタクト” に、“カレンダーの予定” は “Google カレンダー” に、“写真と動画” は “Google フォト” に保存されます。つまり「Google ドライブ」に保存されるわけではありません。

各項目の実際の “バックアップ” はそれぞれの項目をタッチして、各 Google サービスへのデータの保存を許可するために、“バックアップ” スイッチを オン にします。

ただし “写真と動画” については、「Google ドライブ」の “設定” から “写真” の項目で “自動バックアップ” のスイッチを オン にしている場合、すでに「Google フォト」への保存が行われている状態となるためデータの保存を行う必要はなく、実際の “バックアップ” の事前設定も行えなくなっています。“写真と動画” の保存については「Google ドライブ」の設定で “写真” の “自動バックアップ” を オフ にしている場合に行います。

各項目の事前設定が完了したら、“バックアップを開始” をタッチします。すると各項目のデータが対応している Google サービスに保存されます。

“バックアップ” で保存したデータは、Android に元々インストールされている各 Google サービスのアプリを開くだけで利用できるようになります。もちろん iOS 版「Google ドライブ」で利用していた Google アカウントと同じアカウントでのログインは必須です。

iPhone から Android に乗り換えを検討されている方は是非「Google ドライブ」アプリの “バックアップ” を覚えておいてください。

動画解説

以上、iPhone(iOS)のデータを Google のクラウドに保存できる「Google ドライブ」の “バックアップ” 機能のご紹介でした。

スポンサーリンク


関連記事

コメントをお待ちしております

スポンサーリンク

follow us in feedly
ページ上部へ戻る