Google Help Heroes by Jetstream

Google サービスの Help & Tips

メニュー

「Google スライド」が OpenDocument プレゼンテーション(ODP)形式をサポート


今回は、「Google スライド」の OpenDocument プレゼンテーション(ODP)形式サポート開始をご紹介させていただきます。

「Google スライド」は Microsoft PowerPoint(PPTX)形式や PDF 形式を以前よりサポートしていて、それらの形式でのエクスポートが可能となっていました。そして 2016 年 11 月中旬より、オープンソースのオフィスソフト “OpenOffice” などで使用されている OpenDocument プレゼンテーション(ODP)形式をサポートしたことにより ODP 形式でのエクスポートが可能となり、「Google スライド」で作成したファイルを、そのまま “OpenOffice” などで利用できるようになりました。

google-slides-1

実際のエクスポートは、上部のメニューの “ファイル” から “形式を指定してダウンロード” をクリックして、“ODP ドキュメント” を選択するだけです。これまでと同じ操作でエクスポートを行うことができます。

ただしエクスポートを行う場合、ファイルの変換中に一部の書式が失われたり、文字化けをしてしまう可能性もあるのでご注意ください。そのような場合も、恐らく今後改善されると思われます。

動画解説

以上、「Google スライド」の OpenDocument プレゼンテーション(ODP)形式サポート開始のご紹介でした。


関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly

ページ上部へ戻る