Android の “開発者向けオプション” を表示する方法


今回は、Android の “開発者向けオプション” を表示する方法をご紹介させていただきます。

“開発者向けオプション” は一般的に表示する必要はなく、あくまでも開発者向けの設定項目となります。通常この設定項目は隠された状態となっているのですが、特定の場所で特定のコマンドを入力することで表示させることが可能です。

“開発者向けオプション” では Android とデスクトップを有線で接続して USB デバッグを行う場合や、APK ファイルからアプリをインストールする場合などの許可を行う設定項目が内包されているので、表示が必要となる場合があります。

必ずしも表示させる必要はありませんが、覚えていて損はないでしょう。

“開発者向けオプション” を表示する方法

Android の “開発者向けオプション” を表示する方法はまず、Android の設定を開き、下の方にある “端末情報” をタッチします。

android-1

“端末情報” ページの下の方にある “ビルド番号” を 7 回タッチします。すると “これでデベロッパーになりました!” というコメントが表示され、“開発者向けオプション” の項目が表示されるようになります。

android-2

android-3

実際の “開発者向けオプション” は設定ページの “端末情報” の上に表示されます。

android-4

“開発者向けオプション” 内の各設定はいろいろといじってしまうと画面表示の方式が変わってしまったりするので、無作為にいじることは絶対にしないようにしてください。あくまでも必要に応じて表示し、設定を変更するようにしましょう。

動画解説

以上、Android の “開発者向けオプション” を表示する方法のご紹介でした。

スポンサーリンク


関連記事

コメントをお待ちしております

スポンサーリンク

follow us in feedly
ページ上部へ戻る