Androidの「Google フォト」アプリでバックアップするフォルダを追加する方法

Androidの「Google フォト」アプリでバックアップするフォルダを追加する方法

今回は、Android の「Google フォト」アプリで、バックアップするフォルダを追加する方法をご紹介させていただきます。

バックアップフォルダ

Android では、カメラで撮影した写真や動画のほかにも、例えばスクリーンショットや SNS アプリからダウンロードした写真や動画などが、Android の内部ストレージに、それぞれ別に分かれたフォルダで保存されます。

この別々に分かれたフォルダを、「Google フォト」のバックアップフォルダとして追加することで、例えば、スクリーンショットや LINE で保存した写真や動画を、「Google フォト」で回覧したり、削除するなど、一括して管理することができるようになります。

「Google フォト」で、撮影したスクリーンショットを見たいのに表示されない場合に、スクリーンショットが格納されているフォルダをバックアップ対象として追加することで、「Google フォト」でスクリーンショットが見られるようにもなったりするわけです。

また「Google フォト」はクラウドサービスなので、同じ Google アカウントでログインしている PC や Android、iPhone などで、バックアップしたフォルダの写真や動画を、「Google フォト」アプリを通して回覧したり、削除するなどの管理を行うことができます。

バックアップするフォルダを追加する方法

Android の「Google フォト」アプリで、バックアップするフォルダを追加する方法は、まず「Google フォト」アプリを起動して、左上のメニューをタッチします。

メニューの中の “設定” をタッチします。一番上の “バックアップと同期” をタッチします。

バックアップの設定項目の中盤くらいにある “バックアップするフォルダを選択” をタッチします。

Google Photos-1

ここで表示されているのが、Android の内部ストレージにある、写真や動画を保存している、SNS アプリやスクリーンショットなどのフォルダ名です。

右のスイッチをタッチして ON にすることで、「Google フォト」のバックアップフォルダとして追加され、「Google フォト」に表示されるようになります。

Google Photos-2

まとめ

「Google フォト」のバックアップフォルダを増やすと、他の端末で同じ写真や動画を見るために、いちいちファイルを転送する必要がなくなるので、とても便利です。

ただしバックアップフォルダを追加することで、「Google ドライブ ストレージ」の使用量も増える可能性があるので、「Google ストレージ」のチェックも小まめに行うようにしてください。

以上、Android の「Google フォト」アプリで、バックアップするフォルダを追加する方法のご紹介でした。

関連する記事