Google Help Heroes by Jetstream

Google サービスの Help & Tips

メニュー

もしものときのためにAndroidの設定をバックアップできる「Android Backup Service」を設定しましょう

今回は、もしものときのために Android の設定をバックアップできる「Android Backup Service」をご紹介させていただきます。

「Android Backup Service」は、Android の各種基本設定やアプリなどのデータを、Android に設定している Google アカウントのクラウドにバックアップするサービスです。例えば Android が故障してしまったときや機種変更を行ったときなどに、バックアップファイルを利用して手軽に復元することができます。

「Android Backup Service」にバックアップされるデータは、「Google カレンダー」の設定、Android に設定した Wi-Fi 情報、壁紙、「Gmail」の設定、インストールしたアプリ、ディスプレイの設定、言語と入力、日付と時刻、の各設定です。また Google 以外のアプリでも設定やデータが復元される場合もあります。

「Android Backup Service」の設定

「Android Backup Service」は Android で設定しておくだけで、自動的にクラウドにデータがバックアップされるので、例えばいちいちデスクトップとつないでデータの転送作業などを行う必要はありません。しかも設定はとても簡単です。

まずは Android の “設定” を開き、少し下に移動して表示される “バックアップとリセット” をタッチします。

android-1

ページの一番上に表示される “データのバックアップ” のスイッチを ON にします。基本的な設定はたったこれだけです。

android-2

これで新しい Android や初期化した Android に Google アカウントを登録するだけで、バックアップされたデータを利用して自動で復元が行われます。

このほか複数の Google アカウントを保有している場合は、“バックアップアカウント” でバックアップするアカウントを指定することができます。また “自動復元” のスイッチを ON にしておくことで、復元を行ったときに対応しているアプリの設定も復元されるようになるので、こちらも ON にしておくことをオススメいたします。

android-3

「Android Backup Service」は基本的に自動で ON になっていることが多いのですが、逆に見落としがち部分でもあるので、改めて設定を見直す意味でも今回ご紹介させていただいた内容を参考にしてみてください。

ただし、「Android Backup Service」は Android 内部や SD カードに保存されている音楽や写真などのファイルまではバックアップされないため、「Google Play Music」や「Google フォト」、「Google ドライブ」などを利用してファイルのバックアップは行うようにしてください。

以上、もしものときのために Android の設定をバックアップできる「Android Backup Service」のご紹介でした。

関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly
ページ上部へ戻る