iOS版「Google アプリ」で“シークレット モード”を利用した検索を行う方法

今回は、iOS 版「Google アプリ」で “シークレット モード” を利用した検索を行う方法をご紹介させていただきます。

iOS 版「Google アプリ」は v19.0 のアップデートで、“シークレット モード” を利用した検索を行うことができるようになりました。“シークレット モード” を利用すると検索内容や閲覧履歴が保存されないため、完全にプライベートな検索を行うことできます。

“シークレット モード” を オン にする方法

iOS 版「Google アプリ」で “シークレット モード” を利用するにはまず、“シークレット モード” を オン にする必要があります。“シークレット モード” を オン にする設定は、「Google アプリ」の設定から行います。

このほか Force Touch にも対応していて、iPhone 6s などの機種で「Google アプリ」のアイコンを強く押すことでメニューが表示されるので、そこから “シークレット モード” を オン にすることもできます。

“シークレット モード” を オン にすると、「Google アプリ」のホーム画面の背景が暗くなります。あとは通常通り検索を行うだけです。

Touch ID を有効にする

「Google アプリ」の “シークレット モード” を オン にすると、設定に “シークレット モードの設定” 項目が現れ、そこから “シークレットモードの Touch ID を有効” 設定と、“シークレット モードで Google の位置情報を送信” 設定を行うことができるようになります。

ちなみに “シークレットモードの Touch ID を有効” で設定を オン にすると、アプリを終了してからしばらくして再度「Google アプリ」を起動し、継続して “シークレット モード” を利用する場合に Touch ID による認証が必須となります。

つまり “シークレットモードの Touch ID を有効” を オン にすることで、端末の持ち主以外は “シークレット モード” の利用をできなくすることができるわけです。是非参考にしてみてください。

以上、iOS 版「Google アプリ」で “シークレット モード” を利用した検索を行う方法のご紹介でした。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください