【Google Keep 活用 Tips:その⑥】メモをカテゴリごとに分類できる “ラベル” について解説


今回は、Google のメモサービス「Google Keep」を活用するための【Tips:その⑥】メモをカテゴリごとに分類できる “ラベル” について解説させていただきます。

様々な Google サービスに実装されている “ラベル” ですが、「Google Keep」でももちろん利用することができます。

「Google Keep」の “ラベル” もほかのサービスと同じような機能で、メモに対して “ラベル” を付けて分類し、カテゴリ分けができるようになります。また「Google Keep」では 1 つメモに対して複数の “ラベル” を付帯させることが可能です。

google-keep-1

「Google Keep」の “ラベル” は、PC、スマートフォンに関わらず、メニューから簡単に作成・編集することができます。このほか各メモのメニューからも新たに “ラベル” を作成できるようにもなっています。

作成した “ラベル” は各メモのメニューの中にある “ラベルを追加” から付帯させることが可能です。

google-keep-2

またラベルごとのカテゴリを表示させるには、メニューからそのラベル名をクリックします。

google-keep-3

「Google Keep」の “ラベル” はたったこれだけの操作で、簡単かつスマートに利用することができます。“ラベル” を設定することでメモの整理ができ、目的のメモをスムーズに表示できるようにもなるので、是非活用してみてください。

動画解説

以上、Google のメモサービス「Google Keep」を活用するための【Tips:その⑥】メモをカテゴリごとに分類できる “ラベル” についての解説でした。

スポンサーリンク


関連記事

コメントをお待ちしております

スポンサーリンク

follow us in feedly
ページ上部へ戻る