Google Help Heroes by Jetstream

Google サービスの Help & Tips

メニュー

Google アカウントの乗っ取りを防ぐために 2 段階認証プロセスを設定する方法


今回は、Google アカウントの乗っ取りを防ぐために 2 段階認証プロセスを設定する方法をご紹介させていただきます。

Google では通常、Google アカウントにログインする際に、ユーザー名とパスワードが必要なのですが、2 段階認証プロセスを設定することで、Google アカウントへのログイン時に、1 回限りの確認コードも必須となります。

この 1 回限りの確認コードは、ログインの度に変更される、いわゆるワンタイムパスワードで、2 段階認証プロセス設定時に登録する電話番号か、もしくはケータイキャリアのメールアドレス宛に、Google アカウントへのログイン時にリアルタイムで送信されてきます。

そのため、Google アカウントへのログイン時にユーザー名とパスワード、更に確認コードをリアルタイムに取得するための電話番号かケータイ電話が必要となるので、セキュリティ性が一気に向上し、Google アカウントが乗っ取られる危険性が一気に低くなります。

2 段階認証プロセスの設定方法

Google アカウントの 2 段階認証プロセスの設定方法は、PC などのブラウザで Google を開き、Google アカウントにログインします。そして左上に表示されているアカウントアイコンをクリックしてメニューを表示し、「アカウント」をクリックします。

するとアカウント情報のページが表示されるので、「ログインとセキュリティ」の項目の一番上にある「Google へのログイン」をクリックします。このページ内にある「2 段階認証プロセス」をクリックし、次のページで「設定の開始」をクリックします。

Google Account

次に表示されるページでは再度 Google アカウントへのログインが必要となります。ここから本格的に 2 段階認証プロセスの設定が開始されます。

まずは確認コードを受け取る電話番号かキャリアメールアドレスを設定します。設定した電話番号かキャリアメールアドレスに確認コードが送られてくるので、その通りに入力します。

コードが正しければ、2 段階認証プロセスを有効にすることで設定が完了します。

2 段階認証プロセスでは先ほど設定したメインの確認コード受け取り用電話番号かキャリアメールアドレスのほかに、バックアップ用電話番号も登録しておくことができるので、続けて登録しておいたほうがいいでしょう。ちなみにバックアップ用電話番号への確認コードの送信は、携帯電話用のショートメールか、音声アナウンスとなります。

認証

2 段階認証プロセスを設定すると、例えば Android に Google アカウントを設定する際も、ユーザー名とパスワードのほかに、リアルタイムで送られてくる確認コードが必要となります。

また 2 段階認証プロセス設定以前に Android に Google アカウントを設定していたとしても、2 段階認証プロセスを設定すると、一旦ログインが解除され、確認コードを使用とした再度のログインが必要となります。

Google Account

アカウントは乗っ取られてからでは手遅れとなるため、特にクレジットカード情報なども Google に登録している場合は 2 段階認証プロセスの設定をオススメします。

動画解説

以上、Google アカウントの乗っ取りを防ぐために 2 段階認証プロセスを設定する方法のご紹介でした。


関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly

ページ上部へ戻る