Google Help Heroes by Jetstream

Google サービスの Help & Tips

メニュー

【Google 検索 活用 Tips:その⑥】“I’m Feeling Lucky” ボタンで利用できる 2 つの機能


今回は、「Google 検索」の【活用 Tips:その⑥】「Google 検索」トップページに配置されている “I’m Feeling Lucky” ボタンについて解説させていただきます。

「Google 検索」のトップページには “Google 検索” ボタンのほかに、“I’m Feeling Lucky” ボタンも用意されています。Google は基本的に各種サービスのヘルプページを設けているにも関わらず、“I’m Feeling Lucky” についてはあまり公にその機能の説明を行っていません。

Google-1

そのため “I’m Feeling Lucky” ボタンについて知らない方も多いかと思います。

“I’m Feeling Lucky” ボタンの基本機能

“I’m Feeling Lucky” ボタンには大きく分けて 2 つの機能があります。まず 1 つ目は、検索キーワードに対して 1 番目にくる検索結果のウェブページをダイレクトに開いてくれる機能です。

「Google 検索」からウェブページをダイレクトに開くので、検索結果ページを飛ばずことができます。もちろんそのキーワードに対する 2 番目以降の検索結果はわからない仕様となっています。

つまり例えば “Android” や “Google マップ” などといった、検索結果を表示する必要のないわかりきったキーワードのダイレクト表示を行う際に活用しやすい機能です。

Google-2

Google-3

「Doodle」ページの表示

2 つ目は「Doodle」ページの表示です。検索バーを空白にしている場合に “I’m Feeling Lucky” ボタンを押すと、祝日や記念日、そして世界的に有名な行事や人物を祝うための Google ロゴのデザインを紹介した「Doodle」ページが表示されるようになっています。

Google-4

「Doodle」では今日の記念日情報はもちろん、過去に作成された Google ロゴデザインのアーカイブから、その時に公開されたビデオを回覧したりブラウザゲームを遊ぶことができるようにもなっています。

Google-5

“I’m Feeling Lucky” は実は全く異なる機能が搭載されているので、使ったことのない方は今回の内容を参考にして、“I’m Feeling Lucky” ボタンをクリックしてみてください。

動画解説

以上、「Google 検索」の【活用 Tips:その⑥】「Google 検索」トップページに配置されている “I’m Feeling Lucky” ボタンについての解説でした。


関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly

ページ上部へ戻る