Google Help Heroes by Jetstream

Google サービスの Help & Tips

メニュー

著作権を侵害しない音楽が無料でダウンロードできる「YouTube オーディオライブラリ」のご紹介

今回は、著作権を侵害しない音楽が無料でダウンロードできる「YouTube オーディオライブラリ」をご紹介させていただきます。

「YouTube」では、著作権使用料無料の音楽や効果音が公開されていて、自由にダウンロードし、作成する動画に挿入したり、「Google フォト」の BGM などとして利用することができるようになっています。

著作権使用料無料というのは、まず第一に無料でであることと、第二に利用するにあたって著作権侵害の恐れがないことが利点です。著作権侵害は、例え個人で利用する範囲のものであっても、関係なく厳しく罰せられるので、そういった恐れがない音楽を利用することが無難です。

また、「YouTube」に投稿した動画を収益化する場合は、著作権侵害の恐れがない音楽を利用することが必須となります。

「YouTube オーディオライブラリ」にアクセス

「YouTube オーディオライブラリ」は、「YouTube」の “クリエイターツール” の中にあります。“クリエイターツール” は、「YouTube」ページの左上のアカウントアイコンをクリックすると表示される “クリエイターツール” ボタンをクリックすることで開くことができます。 ※Google アカウントでログインしていることが前提

YouTube-1

そして “クリエイターツール”ページの画面左側に表示されるメニュー項目から、“作成” をクリックすると “オーディオライブラリ” が表示されます。

YouTube-2

ちなみにですが、Google 検索で “YouTube オーディオライブラリ” と検索しても検索結果として出てくるので、そちらの方が早くて簡単です。

YouTube-3

“オーディオライブラリ” では、音楽や効果音が、タブ別に分かれて公開されています。それぞれ検索はもちろん、カテゴリ別のソート機能も利用できるので、条件にあったものを素早く探すことが可能です。

また再生アイコンをクリックすると音楽を試聴でき、ダウンロードアイコンをクリックすることで音楽をダウンロードすることができます。

YouTube-4

帰属表示アイコンがある楽曲注意

ここで重要なのは、全ての音楽が自由に使えるというわけではなく、帰属表示アイコンが表示されている音楽をダウンロードして利用する場合、動画の説明欄にそのアーティストのクレジットを表記しておく必要があるということです。注意してください。

YouTube-5

最近では「Google フォト」などでも簡単にムービーを作成して、それを「YouTube」で公開するなど、動画投稿の需要が上がってきています。しかし著作権侵害を考慮して投稿しないと、アカウント停止や、最悪の場合、法的責任を問われ兼ねません。

そういったことを考慮すると、“オーディオライブラリ” で公開されている音楽や効果音を利用して動画を作成することは、必要最低限といえるでしょう。

以上、著作権を侵害しない音楽が無料でダウンロードできる「YouTube オーディオライブラリ」のご紹介でした。

関連記事

コメントをお待ちしております

Google 製品・サービス

follow us in feedly
ページ上部へ戻る